このエントリーをはてなブックマークに追加

仏壇をキレイに保つための掃除の仕方とは

仏壇の掃除の仕方によっては、かえって仏壇を傷めてしまうことも。正しいお手入れ方法を知って、キレイに保ちましょう。傷みが激しい場合には、リフォームという方法もあります。

仏壇の種類によるお手入れ方法

仏壇の種類

仏壇の種類は大きく分けて唐木仏壇と金仏壇の2つがあります。

唐木仏壇の掃除の仕方

紫檀、黒檀、ケヤキといった銘木で作られた仏壇を唐木仏壇といい、比較的手軽にお手入れができます。

毛ばたきで上から下へ向かってホコリを落とし、その後、固く絞った布で濡れ拭きを。

注意点としては、濡れ拭きした後は必ず乾拭きで水分を拭き取ること。仏壇に水分が残っていると傷みの原因になりやすいので注意しましょう。

金仏壇の掃除の仕方

金仏壇は金箔や金粉が施されているので、誤ったお手入れをすると金箔がはがれてしまう恐れがあります。摩擦は厳禁なので絶対にこすらないようにしてくださいね。金仏壇は油分にも弱いため、指紋が付かないよう手袋をしてお手入れをするのが金仏壇の掃除の仕方の基本です。

唐木仏壇と同様、毛ばたきで上から下にホコリを落とした後は、やわらかい布で優しく乾拭きを。

障子の桟のような細かい部分は毛ばたきが届かないので、書道で使う細い毛筆を使うと便利です。

仏壇の蝶番と金具部分は指紋や手汗で錆びてしまうこともありますので、手で触れた後は乾いた布でふき取るようにしましょう。

掃除では取れない汚れや傷みがひどい場合の掃除の仕方

日常の掃除では取り切れない汚れや傷みが激しい仏壇は、リフォームという手も。ここでは専門業者によるリフォームの、2つの方法をご紹介します。

費用を抑えて仏壇をキレイにする簡易的な洗濯

仏壇の汚れやくすみを洗浄してくれる、比較的簡単な掃除の仕方が簡易洗濯です。コストを抑えて日数もなるべくかけずに行いたい、という方はこの簡易洗濯がよいでしょう。

仏壇を移動することなく自宅で洗浄してくれる業者がほとんどで、傷みのある部分があれば同時に補修も可能です。

解体し、新品に近いくらいキレイにする仏壇洗濯

仏壇を解体し、傷んだ箇所を修復しながら洗濯、組み直しをしてくれるのが仏壇洗濯です。

補修やパーツ交換だけでなく、木地直しや蒔絵の書き直しなど新品を作るのとほぼ同じ作業をするので、本格的なリフォームをしたい方におすすめ。

日数はおよそ1~2ヶ月ほどでそれなりの費用がかかりますが、仏壇が新品同様に生まれ変わります。

お手入れが楽なミニ仏壇を選ぶ方が増えている

ミニ仏壇

仏壇のリフォームや修復は日数やコスト面で大がかりですが、最近はお手入れが楽なミニ仏壇を選ぶ方が増えています。仏壇としての機能はしっかりあるのにシンプルな構造で、大きさもないので掃除の仕方がぐんと楽に。

女性でも持ち運べるサイズになっているので、部屋の移動も気軽にできることが人気の理由です。

仏壇の正しい掃除の仕方を知ってご先祖様を大切にしよう

仏壇の掃除というと大ごとにも聞こえますが、普段からのお手入れの積み重ねが大事です。仏壇に合った掃除の仕方を知り、ご先祖様を祀る仏壇を美しく守りましょう。

kuyoのカタチは、宗派にとらわれることなく、末永く大切にできる仏壇や仏具を各種揃えています。掃除やお手入れが簡単なミニ仏壇を数多くご用意しておりますので、お買い換えをご検討の際はぜひご相談ください。

マンション空間にも合うオシャレでコンパクトなミニ仏壇

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事